teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


本来ならば、加害側に立つ者が、激しく放射能汚染した漁場で働き、早く亡くなった乗組員の死が、100パーセント放射能・・・

 投稿者:京都の菊池です。  投稿日:2016年 2月 6日(土)10時07分34秒
返信・引用
  転送転載歓迎

京都の菊池です。
下記の投稿を書きました。
よろしければ、ぜひ、お読みください。


本来ならば、加害側に立つ者が、激しく放射能汚染した漁場で働き、早く亡くなった乗組員の死が、100パーセント放射能によるものではないことを医学的に証明し、被害者や遺族に伝えるべきだろう。
『放射線を浴びた[X年後]2』関西劇場上映開始。2/7伊東英朗監督、川口美砂さん トークショー予定ほか。と、『福島のすがた』写真展。と、映画「みんなのための『資本論』」のご案内
(記事URL
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-February/041951.html )

抜粋します。

・・・
劇場映画 「X年後」2 の公式サイト
http://x311.info/part2/
より


制作者のことば
監督 伊東英朗
http://x311.info/part2/message/
より

・・・
広島、長崎の原爆投下からわずか10ヶ月後、マグロの漁場で始められた核実験。繰り返される核実験で漁場は激しく汚染。
第五福竜丸の被ばく発覚後、放射能検査が行われ、延べ992隻もの被ばく船が見つかったにもかかわらず、政府は「すでに測定の必要がない」とし、その年の12月、わずか10か月で検査を打ち切った。
『直ちに健康に影響がでない』ため、人々は少しずつ事件を忘れていった。10年後には東京オリンピックが開催され、日本は、さらに上を向いて歩み始めた。いつしか、事件は完全に忘れられ、「第五福竜丸」と「髪の毛がぬける」という言葉だけが脳裏に刻まれた。

そして第五福竜丸の事件から57年後の2011年3月。福島で原発事故が起こり、放射能検査が始まった。
そして12月、安全宣言がされた。
事故からもうすぐ5年。
放射能の影響があいまいなままだ。
「いつまでも、悲しいことを考え続けるのはやめよう。前向きに生きようじゃないか」という声が聞こえてくる。奇しくも事故から9年後となる2020年、東京オリンピック・パラリンピックが開催される。
ビキニ事件では、半世紀後、事件の記憶はほぼ消えていた。いま、新たなX年後に向けてカウントダウンが始まっている。半世紀後、日本人は、何を覚えているのだろうか。そしてその時、人体に何が起こっているのだろうか。

36歳で亡くなった川口さんの父親や、45歳で亡くなった和気(大黒)さんの父親が受けた被ばくを医学的に裏付けることは難しい。
しかし人体に重大な危害を加える危険な物質が蔓延する中で操業を続けたことは、船員手帳と厚生省の文書をつき合わせば事実であることは分かる。

この事件に限らず、被ばく事件においては、被害者が『被ばくしていること』証明しなければならない。なんという矛盾だろう。
本来ならば、加害側に立つ者が、激しく放射能汚染した漁場で働き、早く亡くなった乗組員の死が、100パーセント放射能によるものではないことを医学的に証明し、被害者や遺族に伝えるべきだろう。
想像を絶する量の放射線を生み出し、アメリカ本土や日本列島が放射能汚染していることを、少なくとも1952年には把握しながら実験を続けた責任は重い。

2004年に前作『放射線を浴びたX年後』のための取材を開始してから12年。これまで多くの方々に支えられて、ここまで来ることができた。これまで自分が倒れるまで一生追い続けていくものだ、と覚悟を決め、取材を続けてきた。『放射線を浴びたX年後2』が完成した今、ますますその思いは強くなっている。僕の旅はまだ終わっていない。これからも被災者と共にありたい。

何があっても諦めないぞ!
・・・


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)
 
 

「女性自身」事故当時、福島県内に住んでいた子を持つ保護者への福島原発事故後の生活と健康のアンケート

 投稿者:京都の菊池です。  投稿日:2016年 2月 4日(木)00時15分41秒
返信・引用
  転送転載歓迎

京都の菊池です。
下記の投稿を書きました。
よろしければ、ぜひ、お読みください。


「女性自身」事故当時、福島県内に住んでいた子を持つ保護者への福島原発事故後の生活と健康のアンケート
(記事URL
http://www.freeml.com/kdml/9573 )


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)
 

認めろ!避難の権利 守れ!子どもの未来 原発賠償京都訴訟2/3傍聴よびかけを広げてください傍聴参加もぜひ

 投稿者:京都の菊池です。  投稿日:2016年 2月 2日(火)10時00分34秒
返信・引用
  転送転載歓迎


京都の菊池です。

認めろ! 避難の権利  守れ! 子どもの未来
原発賠償 京都訴訟

あなたの参加が裁判所を動かし、国を動かします!
( この裁判の意義は、
第1は、国に法定被爆限度(年間1ミリシーベルト)を遵守させ、少なくともその法定被曝限度を超える放射能汚染地域の住民について「避難の権利」を認めさせることです。

 第2は、原発事故を引き起こした東京電力と国の加害責任を明らかにすることです。

 第3は、原発事故によって元の生活を奪われたことに伴う損害を東京電力と国に賠償させることです。

 第4に、子どもはもちろん、原発事故被災者全員に対する放射能検診、医療保障、住宅提供、雇用対策などの恒久対策を国と東京電力に実施させることです。 )

の第12回期日(2月3日午前11時開廷・10時20分抽選)にご参加ください。

下記の案内を多くの人にお伝えください。
そして
「 みなさん。参加を予定している方は、このMLか、事務局の奥森rentai@s3.dion.ne.jp まで、一言メールをください。名前と「参加するよ」だけで結構です。
もちろん、原告への激励メッセージは大歓迎です。」
へもご協力よろしくお願いします。
・・・

認めろ!避難の権利 守れ!子どもの未来 原発賠償京都訴訟2/3傍聴よびかけを広げてください傍聴参加もぜひ
(記事URL
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-February/041888.html )


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)
 

全国放送される福島中央テレビが制作の番組が中間貯蔵施設を取り上げますが、どう伝えるでしょうか。

 投稿者:京都の菊池です。  投稿日:2016年 1月31日(日)23時30分12秒
返信・引用
  転送転載歓迎

京都の菊池です。
下記の投稿を書きました。
よろしければ、ぜひ、お読みください。


全国放送される福島中央テレビが制作の番組が中間貯蔵施設を取り上げますが、どう伝えるでしょうか。
(記事URL
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-January/041879.html )


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)
 

福島県による、応急仮設住宅、借り上げ住宅避難者世帯への住宅意向調査へ、生活実態、抗議の声を粘り強く

 投稿者:京都の菊池です。  投稿日:2016年 1月30日(土)18時21分30秒
返信・引用
  (記事URL
http://list.jca.apc.org/public/cml/2016-January/041867.html )


転送転載歓迎


京都の菊池です。


一昨日1/28、教えていただいたことをもとに、

福島県による、応急仮設住宅、借り上げ住宅避難者世帯への住宅意向調査の問題点を教えていただきました
(記事URL
http://www.freeml.com/kdml/9559 )
を発信しました。

その発信で問題があると、伝えた
この、福島県による、応急仮設住宅、借り上げ住宅避難者世帯への住宅意向調査について

登録しているMLを通して、
粘り強く対応してこう。住宅補助打ちきりで路頭に迷う生活実態や抗議の声をどしどし書き込んで、「みなさんの意向を反映する調査を」と要求しましょう。
とのよびかけを教えていただきました。

このよびかけも大事だと思いましたので

これも、ぜひ、お知り合いの対象世帯
(※調査対象数は県内外の約1万3000世帯、約3万4000人。
内訳は県内の応急仮設住宅が約3000世帯、
借り上げ住宅のうち県内が約4600世帯、
県外が約5400世帯。だそうです)

広く多くの方にこの問題点をお伝えください。


そのよびかけを転載します。



(転載構いません)
福島県は、まじめに「意向調査」をやれ!真剣に避難者の声を聞け!


 「避難されている県民の皆様へ」と題して現在、「住まいに関する意向調査」が避難者の各家庭に届けられています。  しかしこの「意向調査」は、みなさんの意向は聞いたという、アリバイ作りとしか言えないものです。調査というには値しないふざけた簡単な質問項目を上げ、しかも2月7日には早々と締め切ろうとしています。

 今調査の一番の問題は、今最も大切な、「帰れない方、帰らない方、避難を続けざるを得ない方」に対し、どのような支援が求められているかを明らかにする調査には全くなっていないということです。

避難生活を県内で送るのか県外でか、どういう住居に住み替えるつもりかを問う調査で、”だからどうだ”っていうのでしょうか。
「問6」で唯一、住居を移る際の問題を問うているだけの「意向調査」です。
県当局はこの簡単な調査で、どういう意向を伺おうとしているのか、

路頭に迷う方が出る状況を前にして、全く痛みや真剣みが感じられません。

 福島県が12月25日に発表した「新たな支援策」に対して、避難当事者がどう判断するのか、それで良いのか、全く不問にしています。

今の住居に住み続けること、子どもが大きくなるまでの住宅費補助、生計の目処が立たない家庭など個別事情に基づく補助など、打ち切りによって困る世帯が、この意向調査のどの項目で訴えたらいいのか、書きようのない質問項目の設定になっています。
 「今後の皆様の住宅意向などを把握し、お一人お一人の福島県へのご帰還や生活再建に向けてしっかり対応して行くため、…調査を実施する」という目的は”ウソ”ではありませんか。
 さらに、自由意見欄がありません。調査委託先の㈱日本リサーチセンターに問い合わせたところ、「用紙の空白部分に書き込んでください」という返答。こんなことでは、しっかり対応して行けるわけがありません。
 みなさん。 この調査票は作り直せ!アリバイ作りのための調査は問題だ!と訴えましょう。
空白部分に、打ちきりで路頭に迷う生活実態や抗議の声をどしどし書き込んで、「みなさんの意向を反映する調査を」と要求しましょう。
 こんなひどい調査のため、書く気がしない方、書いて出せば利用されるだけだからボイコットしよう、というやり方もあるでしょう。ただし、どんなひどい調査でも、無視していたら、「意向は聞く努力はしたが、拒否されたのでは仕方ない」との逃げの口実を作ります。
粘り強く対応していくほうが、相手は嫌がります(以上)



※岩波書店の月刊誌「世界」の最新号である2月号(目次 https://www.iwanami.co.jp/sekai/2016/02/directory.html )
が、
座談会
福島「避難終了政策」は何をもたらすか──原発事故被害の現在
 日野行介 (毎日新聞)×吉田千亜 (フリーライター)×渡辺淑彦 (弁護士)×除本理史 (大阪市立大学)
http://www.iwanami.co.jp/sekai/2016/02/169.html
を掲載しています。機会がありましたらお読みください。


住宅問題については、よろしければ、
[CML 041104] 区域外避難者の住まいの安定を求める要請書/緊急のお願い:福島県避難者支援課にFAXを送ってください!
http://list.jca.apc.org/public/cml/2015-December/041202.html
も参照ください。

また、子どもたちを放射能から守る全国ネットワーク 情報ブログ
http://kodomozenkoku-news.blogspot.jp/
に教えていただいたのですが、

京都新聞が1/27水の朝刊の7面に

2016/01/27
自主避難者住宅、無償終了へ 望まぬ帰郷、迫られる恐れ
2016年1月27日 京都新聞
http://kyoto-np.co.jp/kp/rensai/syuzainote/2016/160127.html

http://kodomozenkoku-news.blogspot.jp/2016/01/blog-post_49.html

という記事を掲載していました。


菊池
ekmizu8791アットezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合、アットの部分を@に直して送信してください。菊池)



 

レンタル掲示板
/115