teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:4/572 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

京都で今日19日福島県職員との意見交換会。 大阪へは県知事が来ます

 投稿者:京都の菊池です。  投稿日:2016年11月19日(土)07時09分29秒
  通報 返信・引用
  京都で今日19日福島県職員との意見交換会。 大阪へは県知事が来ます


転送転載歓迎


京都の菊池です。


福島県職員3人が来て、これまで言えなかったことをたくさん話す!
を、

そして、
東日本大震災、東電原発事故による被災者、被害者、避難者
の問いや言葉を、
福島県職員が、どう受け止め、どう答えるか


ぜひ、直にお聞きください。

ご都合つきましたら、ぜひご参加ください。
一般も参加できます。

また、お知り合いの避難者へもぜひお知らせください。


19日、福島県職員との意見交換会。@キャンパスプラザ京都。 大阪へは、県知事が来ます 2016/11/17 10:51:15

皆さま

おはようございます。福島敦子です。

13日の京都公聴会は、
井戸弁護士のお話から、
福島県の支援策の不備は、国の責任も免れることはできない!ということを学びました。
また、避難者の声をたくさん聞くことができ、今後の住宅問題打開へ向けた足がかりの時間になりました。

※下記の記事を参照ください。

民の声新聞
( http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/
※以前の分は
http://s.ameblo.jp/rain37/ )
より

【自主避難者から住まいを奪うな】京都で 支援団体が公聴会。改めて無償提供継続求 める~井戸弁護士は「福島県に責任を押し 付けるのは国の〝逃げ〟」と批判
2016/11/14 07:10

http://taminokoeshimbun.blog.fc2.com/blog-entry-78.html?sp


19日、いよいよ福島県職員3人が来て、これまで言えなかったことをたくさん話す! ということです。
おおいに聞き、おおいに意見交換をしましょう。

参加する県職員
福島県企画調整部 避難地域復興局 生活拠点課 新妻 勝幸 主幹、
副課長 小林則正、
主任主査 浅野嘉男
(民賃補助や国家公務員宿舎等の担 当) 3名

◎19日 キャンパスプラザ京都 第1会議室
(最寄り駅 JR京都駅)
13時半より16時半終了予定

なお、事前に下の質問を、県へ伝えてあります。

質問項目

●見なし仮設住宅の供与打ち切り、福島県独自支援策への移行に関して

1)①支援策に非該当であったり、所得が低いなどの理由により民間賃貸住宅への移転がそもそも困難な世帯が、見なし仮設の打ち切りによって住宅を失うような事態が生じた場合は、
福島県知事はどう責任をとるのか?

②会津地方の支援が全くなくなることについて福島県はどこまで把握しているのか?
現時点までの除染の経緯や今後の見通しなど教えていただきたい。
(これは、会津若松市が 2012年6月に「汚染状況重点調査地域」の指定を受けないこと、つまり除染の必要はないと決定したにも関わらず 最近になって、会津若松市政だより11月号に挟んであったチラシ「市民の皆さまへ(除染 土壌等搬出工事のお知らせ)」により、汚染土の問題が浮上したことからの質問です。)

2)見なし仮設の打ち切りまでに現在入居中の住宅から移転できない場合、福島県や避難先自治体(京都府・京都市)はどういう対応をとるのか?

・福島県は立ち退き訴訟を起こさないことを明言されたい。

・避難先自治体が立ち退き訴訟を起こさないことを福島県として確認すること。


●避難先自治体への要請について

1)避難先自治体が、現在みなし仮設に入居している世帯を公的住宅に継続入居させるように、福島県知事名(文書)で要請すること。

●内堀知事と京都の避難者の懇談会を年内に行うこと。



◎なお、当日は、福島県知事が大阪へ来ます。
「体験 ふくしまプライドin関西」
13時から15時 グランフロント大阪

県知事は、
帰還政策いや棄民政策を粛々と進めながら、
避難者へ寄り添い避難者の 避難継続への配慮はしていく
とのダブルスタンダードの言動を繰り返しています。

http://www.new-fukushima.jp/archives/55104.html

関西一円、徒党を組みのりきりましょう!

 
 
》記事一覧表示

新着順:4/572 《前のページ | 次のページ》
/572